適性はレーシックの種類によって変わる

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 

レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。

 

レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2019/08/01

減量の敵といえば
「脂肪」ですよね。

脂肪は、体温維持や
内蔵を守るクッションなどの大切な役割もしていますが
過剰だと肥満や病気の原因になります。

この脂肪は有酸素運動で燃焼するのですが、
からだの部位によって、
脂肪が落ちやすい・落ちにくいなど異なります。

一般的に運動をすると
まず筋肉中の栄養がエネルギーとして使われてから、
内臓脂肪→皮下脂肪という順でエネルギー消費されます。

内臓脂肪はすぐに使えるよう
先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪はあくまでも備蓄エネルギー用として
からだに溜められているんですね。

女性の場合、
もともと下半身に脂肪細胞の数が多い上に、
女性ホルモンが皮下脂肪をため込む働きがあるそうです。

そして
太い血管が通っている箇所は
血管を守るために脂肪がつきやすくなります。

もちろん個人差もあるでしょうが、
女性が減量を続けた場合…

「あご・ほほ」→「ふくらはぎ」
→「肩・上腕部」→「もも」→「胸」
→「お腹」→「腰」→「尻」
といった順で、
脂肪が落ちていくんだそうです。

だから、尻やお腹周りが
なかなかスッキリしないんですね!

からだに溜まった脂肪を落とすためには、
体脂肪の代謝反応に必要な
必須栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)が十分に必要となります。

からだに溜まった脂肪を落とす時こそ、
食事を抜いたり、
一種類の食べ物に頼ったダイエットではなく、
大事なことは食事のバランスに気を配るということですね。

食事をしっかり食べて、からだをしっかり動かして、
余計な脂肪をしっかり燃焼させましょう!

ホーム サイトマップ