レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

医師 転職
http://www.doctor-ranking.jp/



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018/12/08

「今日もお母さん機嫌あんまりよくないな〜」

母親は身体があまり丈夫でなく、
体調が悪いことはしょっちゅうで、
身体の具合が悪いとどうしても気持ちもふさぎがちになり、
つらそうな顔をしていることが多かったのです。

けなげなわしはそんな母親の気持ちを明るくしようと、
時には作り話までしていました。

それでその日も、
母親が笑顔になりそうな話題を一生懸命考えました。

そしてふと思い出したのです。
算数の時間に先生から聞いた「角の三等分」の話を…

実は母親は、数学が大好きで、
数学の教師になりたいと思っていた人なのです。

経済的に大学進学はかなわず、
そのことが大きな心残りになっているということを、
わしは何度も聞かされていました。

そして新聞に載る入試問題の数学を嬉々として解いている
母親の姿も何度も見ていました。
その時ばかりは身体のしんどさも忘れているように見えたものです。

ですから角の三等分の話をすれば、
きっと喜ぶに違いない…と思ったのです。

「今日算数の時間に聞いたんだけど、
定規とコンパスだけで角の三等分に成功した人は世界で誰もいないんだって」

振り返った母親の眼は、キラリと光っていました。
母親のそんな様子を見たのは初めてでした。
なんかヤバい予感…

案の定、ヤバいことになりました。
その日から、母親は客間に何時間も閉じこもるようになったのです。

洗濯とご飯の支度だけは最低限していたような気がしますが、
それ以外の時間は客間のテーブルの前に座り込んだまま動きません。

そう、母親には集中する必要があったのです。
定規とコンパスだけで、角の三等分を成功させるために…


ホーム サイトマップ