目に疾患がある時のレーシック

日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

インプラントのこと
http://implantguide-k.com/



目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/09/30

子どもには
連日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

子どもは血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

子どもは疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

父母にとってみれば
子どもが起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
子どもが寝っ転がることを否定してはならない。

子どもは必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと子どもは血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
子どもが寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
子どもは深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

母はまさか我が子どもが
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が子どもが寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が子どもを健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それを母がきちんと配慮してくれるからこそ、
子どもは健康に育つのである。



ホーム サイトマップ