あの松坂選手もレーシックを受けました

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2017/11/23

置き換え減量には、
向いている人と向いていない人がいるようです。

例えば、
1回の食べる事量や間食が多いために
摂取エネルギーがオーバーしている人は、
置き換え減量をすると効果が出やすいでしょう。

食生活が乱れている人も、
置き換え減量をきっかけに
食生活を改善することができると思います。

また、
置き換え減量では
一食抜くような無理をする必要がないため、
「夕方食抜き減量」など
強引にカロリー制限をする減量が
長続きしない人に最適と言えます。

置き換え減量は、健康的な減量ですので、
リバウンドしやすい無理な減量を望まない人や、
急激な減量を望まない人にもピッタリです。

一方、減量を始める段階で既に痩せているのに、
更に痩せようとしている人にはあまり向いていません。

置き換え減量は
少しずつ体重を落としていく方法ですので、
既にそれ以上痩せる必要のない人にとっては
思ったほどの効果が期待できないでしょう。

また、今まで色々な減量に失敗した結果、
基礎代謝が低下して
太りやすい肉体になっている人にも向いていません。

置き換え用の減量食品によっては
上手くいくかもしれませんが、
その商品の選択を誤ると
さらに基礎代謝の低下を招いてしまう危険性があるからです。

基礎代謝が低下すると
ますますリバウンドしやすくなる可能性があるので、
この場合も
なるべく置き換え減量は避けた方がよいでしょう。





ホーム サイトマップ