レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2018/11/18

シェイプアップ中は
食事をバランスよく食べることが一番です。

しかし、
同じ食事内容でも
食べる順番によってやせやすくなったり、
太りやすくなったりするんですよね。

やせやすい肉体を目指すなら、
食事の食べ方にも気を配りましょう!

食事のはじめには、
味噌汁、スープなどの汁物をとり、
まず、空腹感を落ち着かせましょう。

汁物がないときは、
食事の前に野菜ジュースやお茶を飲んでおくと、
食べすぎを予防できますよ。

次に野菜のおかずを食べましょう。
噛むことでお腹にたまり、満腹中枢が刺激されます。
野菜、きのこ、海藻類、乾物などをたっぷり使った
野菜サラダやお浸し、酢の物などがおすすめです。

先にこれらのものを食べておくと食欲がおさまり、
お腹の満足感がアップします。

いきなりご飯や肉、魚を食べ始めると、
急激に血糖値があがり、大量のインシュリンが分泌されます。
インシュリンは糖を脂肪細胞に運ぶ働きがあるので、
肥満の原因となってしまいます。

最後に、
ご飯、パン、麺などの主食ですが、
白米よりも玄米、食パンよりも全粒粉パン、うどんよりもそば…のように
白いものより茶色いものを選ぶと、より効果があります。

精白されてない食品は、
食物繊維やビタミンが豊富な上、ゆっくりと吸収され、
腹持ちが良いのです。

汁物や野菜のおかずに多く含まれる食物繊維や、
酢、大豆製品、乳製品は消化吸収を遅らせ、
血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

「汁物、野菜のおかずを先に食べる」
「よく噛んで、時間をかけて食事をする」などを、
日々の食事で心がけて、
シェイプアップを成功させましょう!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
気になるレーシック手術の使用器具
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代はレーシックで決まり