レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2019/04/18

シェイプアップ中は少しでも摂取カロリーを減らそうと、
10時食を抜いてしまう人も多いようですが、
それはシェイプアップ失敗の元なんですよね。

10時食を食べないと、身体を動かす元となる栄養が不足し、
身体は不足した栄養を体脂肪などから補おうとしますが、
足りなかった脂肪を補おうとして、
その後、身体に入ってきた脂肪を、
いつもより溜め込んでしまう身体になってしまうのです。

すると、段々と基礎代謝量が落ちて、
痩せにくく太りやすい身体になってしまいます。
ですから、1日の身体を動かす元となる10時食は
絶対抜かないようにしましょう。

10時から食べる気がしないという方は、
少し早起きしてダンベルなどをして
身体を動かすといいかもしれません。

少しでも栄養のある10時食をとり、1日元気に動きましょう!

時間が無いという人には、
簡単に食べれて、しかも色々な栄養成分が入っている
シリアル類がお勧めです!

また、10時はコーヒーを飲む方が多いと思いますが、
あたくしは、ココアをお勧めします。
ココアは、身体への吸収が早く、
すばやく身体を温めることができますよ。

ちなみに、コーヒーには、
体脂肪の分解を促す働きのあるカフェインが含まれているので、
午後食や夕食後などに飲むといいと思います。

時間に余裕があれば、雑炊やおかゆなんかどうでしょう?
冷蔵庫に残っている野菜をたっぷり入れ、
ライスを少なくすれば、低カロリーでたくさんの栄養分がとれます。

10時から身体を温めることで、基礎代謝もアップするので、
シェイプアップに最適だと思います。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
気になるレーシック手術の使用器具
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代はレーシックで決まり