あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました


あの松坂選手もレーシックを受けました
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。




あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2019/06/23

昔からママは病弱で入退院を繰り返していましたが、
元気な時は私やお姉ちゃんに料理を教えてくれたり、
手作りのおやつを作ってくれました。

学校から帰って、台所の出窓に、
すり鉢とすりこぎとザルが並べられているのを見つけると
心が躍ったものです。

なぜなら、
ママの手作りのおやつが用意されている合図だったから。

身体こそ弱かったものの、
好奇心旺盛で料理好きなママは、
私やお姉ちゃんを料理教室に通わせ、
料理に必要な材料は全て揃えてくれました。

その頃は珍しいガスオーブンを使った料理を作り、
包装紙の裏にメニューやその日に使うお皿を箇条書きに書き並べて
楽しそうに料理をするママを見て、
私もいつしか料理の世界に惹きこまれていきました。

ママは私が23歳の時に他界しましたが、
今でも私の偉大なる先生なのです。

私がまだ小さい頃、我が家では、
毎年1月3日にお父さんの会社の人たちが大勢集まり
会議を開くという恒例行事がありました。

家中に目標を書いた紙を貼って、
朝方からお父さんと会社の人たちはゴルフ大会。

その間、
ママと私とお姉ちゃんは、
人数分の料理の支度をするのです。

小学校低学年だった私は、ホワイトソースを作る係。
薪をくべたストーブの上で
一生懸命ホワイトソース作りに専念したものでした。

家族の一員として責任ある仕事を任されたという気持ちで、
私はその時間がとても好きでした。

そしてもう一つの楽しみは、
お父さんからの一年間がんばったご褒美。
お姉ちゃんや兄にはお年玉、
まだ小さい私には、ちょっと変わったご褒美が手渡されるのです。

「一年ありがとう」
そう言ってお父さんは私に箱いっぱいの「冬苺」をくれました。
当時はめずらしい苺で、私はそれが楽しみで仕方ありませんでした。

あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
気になるレーシック手術の使用器具
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代はレーシックで決まり