レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2014/08/18


うちのムスコは、二歳になったばかりです。
2週間前、はじめて遊園地に連れて行きました。

ジェットコースターにはまだ乗れませんが、
汽車に乗ったり、広場を走り回ったり、
アンパンマンショーを見たり…

ぼくも奥さんも、
10時からまで汗だくで走り回り…
本当に楽しかったです。

ムスコが生まれてから、
ずっとその成長をビデオに収めているのですが、
最近ちょっと忙しくてビデオを撮っていませんでした。

それで久しぶりにぼくは、
ビデオカメラを片手に、
10時から晩まで
ムスコを追いかけまわしました。

今までで一番の長編です!

くたくたになって家にたどりついたのに、
父母としては、やっぱりすぐに観たいものです。

夜中に早速、上映会。
テレビに映し出されるムスコを
微笑ましく眺めるぼくと奥さん。

息子はかわいいですよね!
笑っていても、泣いていても…

だけど、
そのビデオを観て一番喜んでいるのは、
ムスコ自身なんです!

ビデオの中の自分を大喜びで、
テレビにくらいついて見ています。

そして、ビデオが終われば、
「もう一回!もう一回!」と何度も何度もせがみます。
「もうだめ!」と叱るまで、永遠に自分を見て楽しんでいます。

ぼくが知っているかぎり、
息子は自分のことが大好きです!

そんな大好きな自分が、
感じる気持ちや欲しいものにもただただ素直です。

いつでも、誰にも、どんな事でも、
自分の感じる気持ちを、素直に表現します。

これは、
自分が好きでないとできない事です。

そんなムスコの周りにいる人達は…
ぼくや奥さん、おじいちゃんやおばあちゃん、
おじさんやおばさん達までも…
みんなムスコのことよく知っています。

だから、ムスコの人生は本当に豊かです!

マカ

レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
気になるレーシック手術の使用器具
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代はレーシックで決まり