レーシックを受けることの出来ない目の状況

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2019/03/16

5歳から6歳という脳の臨界期に、
我が子供に対して「お前は天才である!」と
言いきってしまうのが望ましい。

父親から
「お前は天才である!」と言われると、
子供は自分を天才と思うようになり、
脳のシナプスを最大限増やすことが可能になる。

脳の臨界期は限られた期間しかないので、
ここで言っておかないと脳のシナプスを
最大限増やすことはできない。

そもそも天才は天与のものであって、
父親が言った所で天才になるわけがないのだ。

でも父親が我が子供を天才だと思うことは
決して悪いことではない。

父親が「お前は天才だ!」と
言いきってしまうことは、
子供の脳の成長には非常に有益なのである。

冷静に考えれば、
我が子供が天才であろう筈がない。

しかし子供が何かをしてきて、
それに対して父親が大袈裟に褒めまくり、
天才だと断言してしまえば、子供の脳に劇的な変化が起こり、
我が子供を天才と仕立て上げることが可能になるのだ。

ところが
大方の父親たちはそれをしない。

我が子供の些細なミスを見つけ出し、
それを叱りまくるということを仕出かしてしまう。

5歳や6歳だと
子供は父親と会話がきちんと成立するので、
子供を小さな大人とみなしてしまい、
それで子供の欠点を突きまくる。

父親が余り子供と接触し過ぎることが非常に危険なのは、
父親が育児をし過ぎる余りに
親馬鹿になってくれなくなってしまうからである。

父親は仕事に専念し、
僅かな時間だけ子供に接するからこそ、
子供の成長が大きな変化に見えて、
物の見事に親馬鹿になってくれるのである。

だからこそ日々の育児は
絶対にママがすべきなのだ。


ホーム サイトマップ