レーシックを受けることの出来ない目の状況

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2019/07/05

大人になるとほとんどの人が、
1日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな息子がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる息子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
おれ達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな息子に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという奥さんに…
いつもいつも自分を誘ってくれる友達に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと奥さんや息子と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ息子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
おれのこころ片隅には、
「おれは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

おれはこれから息子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ