今の時代はレーシックで決まり

今の時代はレーシックで決まり

見逃すことの出来ないレーシック情報を【今の時代はレーシックで決まり】でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。

 

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。




今の時代はレーシックで決まりブログ:2018/09/19
親父はがんで入院し、余命を宣告されていました。
しかし、死と闘う人には健康という言葉は無縁のものでしょうか? 

わたしは親父の闘病生活を見ていて、
健康って何だろうと考えさせられました。

親父のからだは、病にむしばまれていましたが、
心は誰よりも健康でした。
大部屋での笑い声はいつも父の声。

そして空を見ては、
大好きな俳句をノートに書きとめていました。
わたしは親父の心の内をみようともせず、共に笑っていました。

しかし、そんな親父も個室へ移る日がやってきました。

怖かったに違いありません。
でも親父は「大声で笑えるな」といいました。

その視線の先にあったのは、
空が見えない窓、古い病室の壁のしみ…
暗く、静かな病室は、不安だけがあふれています。

わたしは申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
親父は最期の時間を、この中ですごさなくてはならないのかと…

親父は、そんなわたしの気持ちを察したのでしょう。
「千羽鶴が華やかに見えるな」と、笑顔で言ってくれました。

親父は、
亡くなる1日前まで笑顔でいることができました。

ある8時、目を覚ました親父はわたしに、
「きれいな部屋だ」とやさしくほほえみました。
「壁も、窓の外も、千羽鶴も、みんな黄色一色だ。幸せの色だな」と。

すぐに肝臓のせいだとわかりましたが、
親父はうれしそうに笑うのです。

それが、親父の最後の笑顔となりました。
壁のしみも窓の外の病棟もきれいだ…と、目を閉じたのです。

病に倒れても笑ってくれた親父。
わたしに心残りがないようにと最後に言ってくれた言葉…

わたしは丈夫なをからだ持っています。
でもあんなふうに笑えているだろうか? 
親父の残してくれた笑顔は、
周りの人みんなに健やかな心を与えてくれました。


ホーム サイトマップ
今の時代はレーシックで決まり モバイルはこちら