今の時代はレーシックで決まり

今の時代はレーシックで決まり

見逃すことの出来ないレーシック情報を【今の時代はレーシックで決まり】でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。

 

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。




今の時代はレーシックで決まりブログ:2018/11/18
大人と子供とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
子供にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
子供が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

子供の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

子供が摂取する穀物の多さこそ、
子供の脳の発達を促すことになるのだ。

母親としては、
子供の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母親が大量におかずを作ってしまうと、
子供は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな子供が育ってしまうのである。

子供には日本の伝統的な食べる事で充分。
ごはんに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
子供はバカになるだけ…

子供というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は子供みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
子供はそうはいかないのである。


ホーム サイトマップ
今の時代はレーシックで決まり モバイルはこちら